メインイメージ

新着ニュース

オーディションを受ける方へ

http://hamanavi-datsumou.info/

体験

わたしのオーディションは歌を歌う事だったのですが、最悪でした。
オーディションを受ける人が次々に舞台に立って歌を歌い始めると、私の心臓は高鳴って、まるでドラムのように人にでも聞こえるのではないかと思うまでにドキドキしました。
私の順になった時は勝ちこちになった脚をどうにか動かして舞台に立ちました。
名前とエントリー番号を言うと、伴奏が始まります。
どうにか歌い始め、歌の最高潮の場面に入ったところで、突然歌詞を忘れました。
頭が真っ白でした。

オーディションで失敗すると、それまでの努力が水の泡となり消えてゆきます。
オーディションは必ず、成功させるように自分を奮い立たせていかなくてはなりません。 オーディションの為にどれくらいの時間を使って練習してきたのか、どれくらいそのパートが欲しくてオーディションを受けるのか、もう一度そのオーディションにかける自分の気持ちを考えて、オーディションに成功するように自分の実力を発揮しなくてはなりません。
オーディションが終われば、実力を発揮していれば悔いはないでしょう。

たくさんのオーディションを受けていくと、それなりにオーディションの受け方が理解できるものですが、自信のほうは、必ずしも大きくはないようです。
「又だめかもしれない。」と自信喪失につながることもあるのです。
しかし、夢はあきらめることが出来ない自分がいる。
さて、実は業界では適役というのを探しているのです。
業界の求める人材、ルックス、能力のある人なら、きっとそのうちに役を手にすることが出来るでしょう。
ですから何度オーディションを受けても構わないのです。

美容院情報(口コミ)